【旅行会社】何があっても、自分だけは、自分の味方になろうね。いつも自分が喜ぶこと、喜ぶ言葉をかけてあげよう。大丈夫だから。

【旅行会社】何があっても、自分だけは、自分の味方になろうね。いつも自分が喜ぶこと、喜ぶ言葉をかけてあげよう。大丈夫だから。

【性別】女性
【年齢】(仕事が大変だった当時)
33歳

【当時の職業】
旅行会社

【当時の住まい】
実家の一軒家で母親と同居

【その仕事はまだ続けてる?もう辞めた?】
転職して、違う業種で働いている





【就職のきっかけと経緯】
旅行専門学校卒で、ある程度の知識はり、旅行経験もあったので、働いてみたいと思いました。
自分の経験を活かしていけると思っていました。

【環境と仕事内容】
・旅行会社の営業
・小さな会社
・国内、海外の商品、会社の旅行など。
・4人中、1人は事務員
・営業職
・お客様は問題ない
・日勤
・隔週土曜、日曜休み
・月給制 歩合制ではなかった
毎日、会社、官公庁などを数件回り、事務所にいる時は、企画書作成や調べ物、パンフレットの整理などを行っていた。
他にも国内旅行の添乗も行っていた。


【大変だった時期】
転職し、数ヶ月働いた。




【大変だったこと】
人間関係、仕事に似合った給料が貰えない、仕事に対しての違い、労働時間が長すぎる。
完全にブラック企業でした。
深夜近くまで、一人で仕事をやっていたこともあります。
社長とのやりとりで、精神的なもストレスを感じるようになりました。
言い争いも何度かあったのち、無視されるようになりました。
周りの人も見て見ぬふりで、周りが敵に思えてしまいました。
小さな会社で、上手くいけば、とてもアットホームないい環境になるのですが、ひとつこじらせてしまうと、大変です。
事務所にいるのも、同じ空間にいるのが、息が詰まるほど辛くなってきてしまいます。
いつも、朝、出社したら、夕方まで出かけていました。
それでも、事務処理もしなければいけないので、本当に辛かったです。

【大変だった期間】
入社3ヶ月位から2.3ヶ月位。




【当時の心境】
このまま続けていても、将来的に役立つのだろうか。
といった不安や、人間関係が崩れてきていたので、職場に行くのが、苦痛になっていました。
その葛藤ご数ヶ月続いたのですが、最後は、このまま続けていくことで、自分がおかしくなりそうだったので、辞める決心をしました。

【職場が大変だった原因】
新しい会社で、社長も若く、一生懸命やっているが、人にも厳しかった。
完璧主義の社長との間で、人間関係も崩れていった。




【仕事で良かったこと】
お客様から、喜んでもらえたとき。
自分の企画した商品を喜んでもらえ、家族旅行なども依頼されたとき。
自分を信頼してもらえているようで、嬉しかった。
少しづつ、信頼関係が構築されていっていて、仕事にも生きがいを感じられた。




【特にひどかった最悪の出来事】
今までは、社長との関係制も良好だったのが、ある時を境に、何かにつけて、小さなことにも色々言ってくるようになった。
プライベートなことや、時間の使い方など、細かくチェックが入ってきた。
自分が以前やってきたことを自慢げに話してみたり、自分がやってきたこと、やり方が一番正しいと思っているのが、強制してくるようにもなった。
新しく立ち上げた会社だったので、一生懸命やらなければ、お客様をつないでおかないといけないという気持ちはわかるのだが、サービス過剰で、そこまでやるの?と思うようなことも多々あった。
田舎のおじさん達を相手にしていたので、どんな無理難問にも引き受けていたことろがあった。
そんな仕事に対してのスタンスの違いからもストレートを感じるようになった。




【相談した人・助けてくれた人】
同僚や友達に相談してみた。
同僚は、聞いてくれるだけだったが、話したら、安心できた。
友人は、早く辞めることをすすめてきた。
まだ、数ヶ月しか働いてないからと、最初は躊躇していたが、早く辞めて、次を探した方がいいと思って踏み切った。

【改善のための行動】
特に改善策は考えられなかった。
その当時は、自分が受けた傷の方が大きいと思っていたから。
完全に悲劇のヒロインになりきっていた。
ただ、やめてから、社長から機嫌を取るような電話を1度もらった。
自分でも言い過ぎと思ったのかもしれない。




【現在の状況と心境の変化】
それから20年以上たっているので、今の心境であれば、対応できたと思う。
転職はしたと思うが、相手の言い分も聞いてあげられるくらい、心の余裕はあったと思う。
その当時ほ、自分も若く、何のために働いているんだろうか。
本当にこの仕事が好きでやっているのだろうか。
といった、自分の心の声を聞いてあげていなかったと思っている。

【学んだこと】
世の中には、色々な人がいて、誰1一人として同じ人はいない。
相手の言葉をストレートに捉えるのではなく、その意図する意味も考えて捉えてみる。
全ては、自分の捉え方なんだ。
ということを学んだ。



【当時の自分へのアドバイス】
どんなに辛いことがあっても、違う角度から見てみると、少しは光が見えてくるよ。
何があったって、大丈夫だから。
自分を信じて、自分がワクワクすること、楽しいと思うことをやっていれば、波動も高くなり、それに似合ったものや人が現れるから。
ちょっと感情が乱れそうになった時は、深く深呼吸をしてみて。
落ち着くから。