錬心舘の指導理念

錬心舘の空手道は人間形成の道である

少林寺流空手道錬心舘 宗家 保 巖

人命尊重
空手道は生涯をかけて道を究めるものであり、心身ともに健全であることが必要です。
錬心舘空手道は、安全性の確保、人命尊重の理念に則り、防具着用組手を実施します。
空手道とは勝敗を究極の目的とする武術ではなく、処世の道であり人を生かす活人拳です。
空手技術
人に打たれず、人を打たず。自他を傷つけぬ事こそ空手道の原点です。
錬心舘空手道は、小よく大を、短よく長を、柔よく剛を制する精致華麗な護身法です。錬心舘の完成された組手技術は「正義なき暴力」に使用してはなりません。
人格陶冶
空手道は自然随順を基調とする健康法です。健全な肉体は健全な精神を育む素地となります。
錬心舘空手道は体をもって真理を悟り、泰然自若たる己を磨く人格陶冶の道です。

人間形成

学問追求
空手道を究めんとすることは、真理を究めんとする行いです。人生や世間にあらゆる変化があろうとも、真理を悟る者は自らを見失うことはありません。また正しいと信じた真理は勇気を持って実行すべきです。
道徳追求
空手道を通じ礼節を尊び、人と和し、切磋琢磨の中に人として貴く生きることの崇高さを体得します。
人々の為に「正しく生きる」ことは健全な社会を創る基であり、それは人類の永遠の課題であり願いです。
平和社会への善導は、己の慢心や我が侭を排し、報恩感謝の心で始めるものです。
芸術追求
型に表現される一挙一動には、静・間・動の中に人を魅了する美しさがあります。
日々鍛錬に集中し、向上心を持って磨き上げられた型には己の生命が宿ります。
人の内面より顕れる美しさは、外見だけの華やかさより遥かに美しい。

健全な社会の建設は、健全な個の形成より始まる

少林寺流空手道錬心舘 開祖 (故)保 勇

人を育てる

終戦後の廃墟に佇んだ開祖(故)保勇宗師は、荒廃した祖国「日本」の復興は武道を通じての人づくりであるとの強い信念のもと、「錬心舘」を創設しました。開祖が掲げた「より健全な社会の建設は、健全な個の形成より始まる。」の言葉は、流儀の理念として錬心舘を支え、又、青少年の夢と希望を支えて今日に受け継がれています。

ページトップヘ